刺さないはり(3000年前のはりは石や骨で作られていました)。刺さなくても効きます!東洋のはり、気功のはり 立川駅徒歩10分の千葉はり院
はり治療のはじまり 今日でも私たちは、痛いところ、苦しいところがあるとそこに手を当てたり、さすったりしますが、その昔、医術はこの「手当」することからはじまりました。やがて、手の代わりに石や獣、魚の骨をとがらせ用いました。患部以外にも治療点(つぼ)があることを知りました。そして次第に医療体系化され、5000年ほど前に黄河流域ではり医学の基礎が生まれました。2000年程前に理論的に体系化され、「素問」、「霊枢」の名前で本が作られました。今も日本の国会図書館に現存しております。はり医学は、日本には1400〜1500年ほど前に仏教とともに伝わりました。その後西暦710年(奈良時代)に至り、正式に国家制度として取り入れられました。「はり聖」「はり博士」を養成する事で広く行われ、日本人の体質に合うように改良され発展しました。江戸時代には薬を用いるより安価で済むためもあって広く普及し医療の中心となりました。杉山和一というはり医師が五代将軍綱吉の頑固な熱病を治した話は有名です。しかし、明治に入り医療制度は西洋医学だけとなってしまいました。一方では、はり治療は優れた治療効果の裏付けのもとに、民間療法として広く国民に支持され今日に至っております。
気のはなし 古代中国思想には、孔子、孟子を中心とする儒教と、老子、荘子を中心とする道教があります。気の思想は道教の基本となるものです。万物は気によって作られており、働きがあって、形として直接五感では認識できないものをいい、気の密度が増してくると、形として五感でとらえられます。これを血(けつ)といいます。そして気の密度の違いによってさまざまな物体となるのです。判り易いものとして水があります。H2Oの密度が少なければ空気中にあって見ることができません。密度が増してくると水となり、物体としてとらえられるようになります。さらに氷へと形を変えるのです。

この気と血の循環論が中心となっております。ここから道の思想が生まれました。すべて形あっても気を認識しなければ完成されないとします。自然界を大宇宙とし、人体を小宇宙としてとらえ、人体の生理機能はすべて自然の運行に従っているとしました。占いも同じ発想から生まれております。宇宙の宇は無限の空間、宙は無限の時間という意味です。仏教思想の中心に色即是空、空即是色という考えがあります。空は形無く、仏の力が働いているところ、色は形あるもので、すなわち形あるものも、無いものもすべて仏の力が働いていて、気、血と同じ循環論的考え方です。ここにインド生まれの仏教と中国生まれの道教が一緒となって独特の東洋思想が生まれました。

気功法とはり治療 気と言うと気功法を思いうかべる人が多いでしょう。気功法は中国で生まれたもので三種類あります。

1、武道に基づいた気功
広く知られているものに遠当(とうあて)があります。10mほど離れて立っている人を気の力で跳ね飛ばすというものです。それが確実にできるようになるには10年、20年と修練を積まなければなりません。気を自由に操るのと同時に強い気の力を必要とします。その域に達せられる人は限られてきます。日本人では数十人しかいません。時代小説で剣の達人が暗闇で殺気を感じ相手を倒したという話は実際にありえる事です。また、女性では背中に視線を感じる事はよくあります。これも気の働きによるものです。武道とか、職人、スポーツ、芸術の世界で一定のレベルに達した人を見ただけでどの程度の力を持っているか判るものです。これも気の状態をとらえる事で可能となるのです。

2、気功体操
主に健康法として広く行われており、多くの人は気功法と言うとこれを思い込んでいるようです。

3、病気治療を目的とした気功法
患者の体に手のひらをかざす事で病のある場所、その状態を感じとり、気を送り、元気を与えて治そうとするものです。病気の状態を感じとるだけでも多くのエネルギーが必要です。治療にはもっとたくさんの気を送らなければなりません。それが出来る人は遠当(とうあて)と同じように限られてきます。このように体力を消耗するため患者数は1日4〜5人が限度です。

はり治療は診察から治療までその形式が定められており、それに従って行えば誰もが治療出来るようになります。ただし、経験を積んだ人、センス、天性の違いで治療効果が異なってきます。

脈診を中心に診察することで五臓六腑に関連したそれぞれの経絡(気が巡っている道)の歪みをとらえて、それを調整するものです。それにより血液循環も良くなり各内臓の働きも正常になるのです。治療家はほとんど疲れる事はありません。毎日数十人と治療出来るのです。


▲ ページTOPへ

千葉はり院 立川市高松町3-20-14 電話042-522-5663